FC2ブログ
ビジネスと、健康に役立つブログです。
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
AP0036 快適睡眠のすすめ
快適睡眠のすすめ (岩波新書)快適睡眠のすすめ (岩波新書)
堀 忠雄

岩波書店 2000-07
売り上げランキング : 6243
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る


 快適睡眠のすすめ

 マインドマップなし、読書時間1時間
 高速リーディングあり。

読書



 最近、夏バテぎみだったので、健康については、再検討が必要なった。

 調査すべき項目は、食生活、睡眠、運動。
 病気の研究も大切かもしれないが、私の目的は病気を治すことではなく、病気にならないことだ。病気になればピンポイントで学習すれば良いだけ。さすれば、健康であるうちは、病気にならないことを優先すべきだろう。

 だが、これとて、正しくはないのだが。

 正しくは元気で活力のある人生を構築することが手段としての目的ではある。まあ、最初の一歩として、睡眠を選択した。

 さて、今回読了した、「快適睡眠のすすめ」については、特に私にとって目新しい情報はなかったとは言え、睡眠について学んだことのない人であれば、ご推薦できる良書ではある。なぜなら、網羅という意味では、十分条件を満たしているからだ。

 睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があり、その流れには周期がある。人によって違いはあるが、1時間半程度の周期を持っている。睡眠時間は1時間半の倍数で取るべきであり、そのタイミングで起きられない場合、起きているときの状態が悪い。逆にいうと睡眠時間が短くても周期に従っていれば、状態は良いとも言える。

 本書によれば、世代によって取るべき睡眠時間や、時に昼寝を取るか取らないかすら変わってくるし、個人差ももちろんある。
 また、睡眠障害になりえる時差などの対処法や、サマータイムなどによって引き起こされる問題などが列記されている。

 さらに、快適な枕の選び方、ベッドルーム環境などの詳細もあったが、まあ参考になった程度。
 
 私の睡眠に対して求めるもの、それは疲労回復であり、その点についてもう一歩踏み込んだ書籍を探す必要があるようだ。

 また、睡眠によって脳内の情報処理が行われると聞くが、そのための良質な睡眠とはどういうものか。先の調査が求められる。



読書




スポンサーサイト
AP0035 証券投資の思想革命
証券投資の思想革命―ウォール街を変えたノーベル賞経済学者たち証券投資の思想革命―ウォール街を変えたノーベル賞経済学者たち
Peter L. Bernstein 青山 譲 山口 勝業

東洋経済新報社 2006-12
売り上げランキング : 14103
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る


 証券投資の思想革命
 
 マインドマップなし、読書時間1時間半
 高速リーディングなし

 タイミングが違った読書



 ポートフォリオという、革新的な投資方法を見つけてからの投資の歴史物語と読み取ったが、いかんせん、途中から読む気がなくなり、重要な項目が見えなくなった。その理由ははっきりしている。
 投資をすることが目的で読み始めているのに、本書の趣旨はその歴史であるからだ。

 例えるならば、野球がうまくなりたいということと、野球の歴史を学ぶことは違う。

 私がプレイヤーでなくなったとき、この書籍は重要性を持つだろう、そう、我々が歴史となったときに。

今、私には必要がない資料読書






Copyright © 2019 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.