ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラリ旅番組で多くない?

 最近のテレビってブラリ旅番組って多くないですか?
 近所の駅を降りて、商店街を歩いて道行く人に声を掛けたり、店の看板おばさんと話し込んだり。場合によっては日本以外の国に行って普通の人に普通の話を聞くような番組ですね。なんでそんな仕事してるの? どうして今の時間にそこにいたの? 国によっては酒が安い! 食べ物がうまそう! とかね。話を聞いてみると、出身があっちの方なの! 学校の先生してたの、この人が? みたいなちょっとした秘密に触れられたりして、人生っていろいろあるなあなんて感じ入ることもしばしば。

 人様の人生って、ホント、面白いなあ。だから、私は本を読むのだけれど。


スポンサーサイト
書く職業の群像
ベスト・エッセイ〈2011〉
ベスト・エッセイ〈2011〉角田 光代

光村図書出版 2011-06
売り上げランキング : 125110

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
人間はすごいな―ベスト・エッセイ集〈’11年版〉 この星の時間―ベスト・エッセイ〈2010〉 読ませる技術―コラム・エッセイの王道 エッセイ脳―800字から始まる文章読本 散歩とカツ丼―’10年版ベスト・エッセイ集


 歳を取ると、といっても私は37歳だが、最近は外でも買って水を飲むようになった。若いころといえば炭酸水とかジュースでないとお金を出して買う価値がないと思っていたし、水なんて何を飲んでも同じとすら思っていた。お茶を飲むことも、なんてジジくさいとも思っていたのだが、である。

 刺激を求めていた若かりし日々が、ある日、飲み物、食べ物に何かしらの機能性を求めるようになった。目指すはスポーツドリンクや栄養ドリンクなどである。小さなビンで千円もするような精力剤ではなく、せいぜいが自販機で売っている程度の栄養ドリンク。あるいは、乳酸菌入りのヤクルト、飲むヨーグルトなどだ。散々飲んだ挙句に、対して身体に変化がないとなると、今度は、足すことを止めて引くことを始める。そして行き着いたのが、水である。

 いろんな地方の名水となると、たかが水といって飲み比べると、これがどうして、それぞれクセがある。軟水、硬水という科学的な分類とは関係なく、飲みやすい、合わない、というものがあったりする。好みの水に出会ってしまうと、2リットルのペットボトルも1日持たないこともあるから、恐ろしい。

 いままで、エッセイなんて読んだこともなかった。どうも、刺激が少ないし、そんな細かいところにスポットを当てられても・・・、というのが正直な感想だった。しかし最近になって、なんとなく、エッセイが何をいいたいのかもわかるようになった。自分と合う著者、合わない著者もいることにも気付いた。エッセイって削って削って削り落として、最後に残った物を拾っていくもんなのかなと。

 私の飲んでいる水は、アルカリイオン水だ。まだ、機能性にも未練がある。ということもあってまだまだエッセイも読み込めていないのかもしれないところだ。



       AP0465




【やんちゃ】してた? あの有名人が、あの有名人を擁護!
やんちゃな時代
やんちゃな時代林 真理子

文藝春秋 2011-04
売り上げランキング : 39899

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
美女入門9 地獄の沙汰も美女次第 もっと塩味を! (2011-09-22T00:00:00.000) いいんだか悪いんだか 美か、さもなくば死を (マガジンハウス文庫) 美貌と処世 (文春文庫)


『やんちゃな時代』
 
 本人が言っている、最近の若い人は私を知らない、信じられない。

まあ、知らんでしょうな。でも私は知りましたよ。文章術に紹介されていた内容が実にすばらしかった。

初めまして。なかなか面白いのだが、バブル時代の申し子みたいで、話がかみ合わない。一つか二つ上の人って感じです。行動力と歯に衣着せぬ物言い。女性に限らず、男性の中でも珍しいと思いますネ。カネの使い方が荒い。人との交流が広い。エビゾウさんの結婚式にも呼ばれて、あの事件も擁護してますネ。まあ、飲んで絡まれただけですけど、一般ピープルにとっては、そらみたことかと、スカッとするところはありました。プリンスすぎるんですね、完全に理想の人生です、羨ましいがひっくり返って憎たらしいんですネ。一理はありますけども、理性と感情は別かなと。

 文章も面白いし、猫の目にクルクルと動き回る彼女の行動力にはびっくりしますが、先日の「自炊」ニュースでは、名前を呼ばれてませんでした、文才と人気はぜんぜん違うところにあるみたいです。時代と何かかみ合ってないのかな。
 
 ちょっと距離を取りながら、何冊か続けて読んでみたい作家さんですネ。


    SP0457



Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。