ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目標を語る資格
 「しっかりと準備もしていないのに、目標を語る資格はない」


                         イチロー

 私に言ったのでもなく、あなたは言ったわけでもなく、
 イチローは、イチローに言いました、とさ。

#51 Ichiro イチロー looking at a pitch


    読書


 本文はこの下です。
続きを読む
スポンサーサイト
孤独? 集団の中に英雄っているの?

 「一人の時間を持つということは孤独なこと。
  だからそれに耐えられなければ芸術家にはなれません」

                 瀬戸内寂聴


 孤独って、ポジティブな言葉だと思うけど、どう?


lonely journey


    読書


 本文はこの下をクリックしてね。
 
「勇気」を別の言葉に置き換えてみる。
 
 「必要なのは勇気ではなく、覚悟。
    決めてしまえば、すべては動き始める」

 勇気ってなんだ?


     読書

P1190925_勇気


 本文はこの下をみてね。
酒は人間を悪くするものではない・・・


 酒は人間を悪くするものではなく、
 人間がいかにダメなものかを教えてくれるものである

              by 立川談志

 立川談志が死んだ。

 私は関西の人間で、世代も違うので、親近感もなければ、悲しいという感情もないのだが、師匠クラスの人が咽び泣くのを見ていると、ホントにすごい人だったんだなと、論理的に思ってしまう。彼に対する弔事もすごい、毒舌のオンパレードで、こんな言動に耐えうる人物って、かなりかっこいいのだろう。

 立川さんは、人の弱さや業、欲なんかを肯定的に捉えていて、そもそも人間なんてものは、ダメな存在なんだと言い切ってしまう。サルから進化して、産業革命以後、急速に発展した国家というものからすると、まことに実も蓋もない話で、人の努力、我慢、忍耐というものを唾棄すべきもののように感じさせてしまうおそろしい 力 がある。

 しかし、彼自身、素晴らしい才能を待ちながら、決して努力や我慢をしなかったわけではなかろうに、そんな姿は見せないかっこよさ、ところによるとそれ自体が野暮らしいが、ひた隠しに隠しているに違いないのだ。

 彼のかっこよさとは、金の多い少ないではもなく、地位の高さ低さでもない。立川談志という、ブランドを構築し、演じきることだったのかもしれない。彼をして先にも後にも同じものがないということだ。

 年を取ると、清濁を併せ呑むというか、清いことから距離をおくようになる。どうにもならないことは、そのままにするしかない。悪い癖はそのまま放置だ。

 酒を呑むと心のどこかに潜んでいるものが顕微鏡で拡大されたように、大きくなる。ねずみのような嫉妬や欲望が、虎の顔をして表に出て来る。残念ながら、酔いも醒めれば、尻尾を巻いて逃げ出す程度の悪意だが。
 社会に順応した自分の中にも、まだまだ悪があったのかと、年をとる程にうれしくなるのも、また事実である。

 ご冥福をお祈りします。

孤闘の中で思うこと。
 会社の創業記念で社員旅行に行った。

 式典の折、引退して何年も経つ先輩が、祝辞もそこそこに次にように話した。
 「マネージャークラスの人々は、日々辛いことばかりだと思います。それしかないといえるでしょう。ですが、それは昔も今も変わりません。楽しいことなどありません。ただ、引退して仕事を離れた今になってようやくわかることもある。辛かった日々を働いた事、その事が喜びであり、良い思い出、宝なのです」と。

 この社員旅行の幹事は、私だった。入社したばかりの使えない部下、無理難題や朝礼朝改で、指示を覆す上司、丁重な扱いが必要な客人や、かつての上司たるOB達、言うことに素直に従わない天邪鬼社員や酒乱社員。そして慣れない進行役をこなさねばならない状況。この数ヶ月は、寿命も縮む思いで仕事に耐えていた体には、しみこむ言葉だった。

 それは祝辞といえるものでもないし、創業記念に相応しい言葉とは思えなかった。
 だが、見上げれば、頷く所属長達の顔があった。

 若いうちの苦労は買ってでもしろなどと、奇麗事をいうつもりはない。
 だが、孤独な戦いと思ってた日々が、そうではないとわかった時、認められたと感じた時、救われたと感じたことは事実である。

 「繁栄は偉大な教師であるが、艱難はさらに偉大な教師である。富は心を豊かにする。貧苦は心を鍛える」
                ウィリアム・ハズリット

 困難の只中にいる人に、私から言えるのは、死ぬな、生きろ、諦めるな。お前は一人ではない。

 でもね~、愚痴を聞いてくれる人がいないと、きついわ~。


カーネギー名言集 新装版
カーネギー名言集 新装版デール カーネギー ドロシー カーネギー 神島 康 D・カーネギー

創元社 2000-10
売り上げランキング : 57606

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
リーダーになるために 新装版
人生論
道は開ける 新装版
話し方入門 新装版
D・カーネギー・トレーニング―心の壁を突き破る

Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。