ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地図で読む戦争の時代
地図で読む戦争の時代
地図で読む戦争の時代

 「地図で読む戦争の時代」

 先日、アイフォーンが新しくなった際、地図が大幅に
 間違えていて、アップルの担当責任者がクビになると
 ニュースは、記憶に新しいところだ。
 (パチンコガンダム駅というのもあった)

 日頃良く使っているいる、この地図というものは、
 使い方を誤ればとんでもないことになるなと
 本書を読んで実感。

 何がそんなに、「とんでもないのか」。

 それは、戦争する、敵が攻め込んでくるという
 事態に陥ると、詳細な地図というものが、
 自分たちの首をしめることになる、ということなのだ。
 単に道を間違う、という、レベルではすまないのだ。

 本書で扱っているのは、全国いろいろな都市や地方の
 地図である。
 
 東京や名古屋、大阪といった大都市であればこそ、
 先の大戦では、色濃く爆撃の被害にあい、
 戦前戦後、そして現在に至るまでの過程で、
 何度も書き換えられたことが、地図という情報から
 垣間見える。

 地図に戦争の痕跡が残る、つまり、戦争とは、
 かなり日常の側にある、ということなのだ。

 爆撃をするということは、軍事施設を叩くということも
 あるが、生活の基盤を奪う、ライフラインを寸断していく
 ということである。
 つまり、我々が今、日常を感じている空間が
 戦場になるということなのだ。

 今の時代、誰も気にもしない事だが、インターネットで、
 自分の住んでいる町の航空写真が、いとも簡単に見れるという
 ことは、酷く恐ろしいことなのかも知れない。

 著者は、
 日本地図センター客員研究員、
 地図情報センター評議員、
 日本国際地図学会評議員。

 趣味が高じて、地図の世界にどっぷり浸っている経歴、
 こんな人の本は、卸録ないはずがないのだ。


         AP0539 冊目



 
スポンサーサイト
ソロモンの指環―動物行動学入門
ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)
ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)

 「 ソロモンの指環―動物行動学入門 」

 1949年に、ノーベル生理学医学賞を受賞した
 コンラート・ローレンツ氏によって書かれた、
 一冊。
 
 小学生高学年、中学生でも十分に読む事ができる
 読み易さと、なんと言っても動物に対する無上の
 愛に溢れていて、心温まるすばらしい一冊だ。

 部屋中をフンだらけにされ、近所からは変人扱いされ、
 廊下を水浸しになっても、動物を観察し、身近に感じる
 ことの無上の喜びを1行1行に感じさせてもらえる、
 他に比類ない一冊。
 
 全ての人に、地球上に共存する生命の
 存在を感じてもらうためにも、この一冊は是非にも推薦
 したい。

 動物学者にとっては、動物たちの営みは人間的、なのではなく、
 人間の恋の駆け引きこそが、動物的なのだ。

 我々が論理的に行動しているという大半は、遺伝的に
 動物として反応しているのではないかという話が、
 この本を読むと、そうに違いないと思えてくる不思議さを
 味わってほしい。
 
 あんなちっぽけな魚に見られる我が子への愛情、
 コクマルカラスの愛と別れの刹那さと言ったら、
 本来であれば、筆舌に尽くしがたいといいたいところだが、
 本書は、筆にしてしまったのだから、見事! である。

 好きこそものの上手なれ、愛情があればこそ、
 見るべきものが見えてくるんだなと、ものの本質にも
 気付かされた。

 一度簡単な動物から飼ってみたくなる、
 動物を飼う事に興味がない人ほど、インパクトは大きいん
 じゃないかな。

 何を隠そう、私自身、まったGく興味がなかったのに、
 動物を飼うことや、育児なんかにも、喜びを感じているのだから。


        AP0528 冊目






【哲学】 考えることは、赤ちゃんでもする。
哲学する赤ちゃん
哲学する赤ちゃん

 不思議といえば、不思議である。赤ちゃんという存在は。ある意味、人間とは異なる生物なのかもしれない。自分も一度は経験していることとはいえ、当時のことを覚えている人はいない。だから、どんなに調査しても、第三者として観察するしかないところは、他の生物と同じなのだから。

 赤ちゃんになったところを想像してみると、きっと驚きの連続ではないだろうか。まず、身体的な不足感。歩くこともままならないのは当たり前だが、ちょっと何かを手に取ることも、掴むこともできない。そもそも外界に存在する物をどう扱っていいのかすら分からない。何でも口に入れるのが赤ちゃんだが、そもそも口に入れるとばっちいとかいうことも分からない。

 思考することもできないだろう。言葉を知らないのに、何をどう考えればいいのか、ということになる。
 
 赤ちゃんほど、恐怖に満ちた眼差しで、世界を見ている生き物はないかもしれない。だが、あの安らかな寝顔をみているとなんと堂々としたものだろうか。よほどに胆の座った生き物なのだろう。

 そう考えていくと、赤ちゃんほど猛烈に学習している存在もない。どんどん体得して、無意識に身体が動くようになるまで、どんどんマスターしていく。無意識に落とし込むほど勉強する機会は大人になるとない。それほど奇跡の存在なのだ。

「わたしたちを人間らしくしているものの核心は、世界の因果構造を学ぶこの能力なのかもしれません。人間の知性の進化については、よく知られている説が二つあります。一つは、物理的因果関係の理解から生まれる複雑な道具使用に着目したもの。もう一つは、心理的な因果関係の理解から生まれる、複雑な社会ネットワークの維持と文化の発展を重視するものです」

「つまり赤ちゃんは、世界の何を見るかを、自分で決めるというより、世界のほうが決めるのに任せているのです。どこに注意を向け、どの情報を遮断するかを決めてしまわないで、多くのことを同時に意識しているようです」


 瞑想して、無に近づく事は、ある意味、赤ちゃんになることなのかもしれないと思うと、すごい境地なのだろう、きっと。この本には、その境地の真髄がある。うん、ヤバイ。



           AP0506




【超・自然】 こんなにも大切にしたい本って。

砂

 米国自然史博物館のジョン・バロウズ賞受賞の最高傑作

「砂」だ。 本として十分に美しい。ちょうど良い厚さ、手触り、カバーの写真も素晴らしい。オリエンタルな香りがプンプンする。

 砂という物質のサイズを問う一冊だ。一粒一粒の物質として性質を考える砂。粒が集まって出来る模様や振動を加えることで面白い動きを始める砂。我々の生活に密着している砂。遠く宇宙に思いを馳せる砂。である。

「歴史は、子どもが浜で砂の城をつくっているようなものである。そのような子どもが、人類の尊厳そのものなのだ-ヘラクレイトス」

人間を単体と見るか、民族単位で評価すべきなのか、時間の流れを追って人類のウネリとして捉えるべきなのか。ただつまらない砂と聞き捨てることも容易いが、単純なものなだけに、なんだか切なくもなる一冊だ。


        AP0498


【選択】 自由を得ることが本当の幸せなのか。
選択の科学
選択の科学

 コロンビア大学 ビジネススクールの人気授業 シーナアイエンガー教授の「選択の科学」。インド人を両親を持つ彼女は、シーク教徒として厳しい戒律を守らねばならない反面、カナダでの移民生活で知った自分でなんでも選択できる社会との間で、自由とは何か、選択とは何かについて、疑問を持ち、人生のテーマとして取組み続けてきた。

 選択できる方が幸せなのか。選択肢が増えれば幸せなのか。我々の選択は、正しいのか。自分で選んでいるつもりでも選ばされているだけではないか。そんな疑問の数々が、彼女を通して、語られる一冊である。

「人生の辛いできごとを不可抗力のせいにする人は、自分次第で何とでもなると信じている人に比べて、鬱病にかかりやすいほか、薬物依存や虐待関係といった破滅的な状況から抜け出せず、心臓発作が起きても助かる確率は低く、そのうえ免疫システムの低下やぜんそく、関節炎、潰瘍、頭痛、腰痛に悩まされやすいという」

「実際、わたしたちが求めているのは、「真の独自性」と言えるほど極端ではないものだ」
 
 動物園の動物達は環境が安定しているにも関わらず動物達の寿命が短いのは、選択できないからだとしながらも、原理主義的な宗教に属しながら選択肢が極端に少ない人ほど鬱病にかからずにすむそうだ。

 わが国では年間3万人以上の人々が自殺をする。これだけ豊かで人生の選択肢が多いのに。経済的な理由もあろうが、あるいは我々日本人には選択肢が多くて決められない病気に掛かっているのかもしれない。
 我々が感じる疲労感、疲弊感、閉塞感は、選択肢の多さが原因なのかも。
 ブームに惑わされてあれもこれもと広く浅く手を広げていくよりも、自分にはこれしかないと選択肢を狭めたほうが我々は幸せなのかもしれない。

 アイエンガー教授の授業は、NHKでも見れます。実にかわいらしい女性ですね。

NHK コロンビア白熱教室
http://www.nhk.or.jp/hakunetsu/index.html



        AP0488


Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。