ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水木サンの幸福論
水木サンの幸福論 (角川文庫)
水木サンの幸福論 (角川文庫)

 『水木サンの幸福論』

 ゲゲゲの鬼太郎原作者の水木しげるさんの自伝、
 及び、幸福になる7か条が詰まった1冊である。

 第二次大戦で、激戦地ラバウルで戦い、片腕を失う重傷を負い、
 日本に帰ってきてもなかなか定職につけず、フラフラしながら、
 ようやく、マンガを描く生活に没頭しても貧困生活、
 結婚と子供の育児など、生活はますます厳しくなるばかり。

 傍から見る分には、なんとも惨めな生活だなあと思って
 しまうものなのだが、本人はいたって一生懸命で、深く悩んで
 しまうこともなく、かといって、無感覚なバカということでも
 決してない。必死で弾薬から逃げるさなかにも、どこかのんびり
 しているような、どこか自分を達観して見下ろしているような
 距離感があったりと、不器用な自分を十分に受け入れて、
 出来る範囲で、出来ることをしようという水木さんの考えが
 よくわかる一冊である。

 今の時代と正反対で、なんでもそこそこできる器用さが無い分、
 コツコツ続けることが出来たのかという思いと、辛いことも
 何かしら楽しみを見出してしまう水木さんのおかしさが
 見えてくる。

 それは、運命というものに抗う力のない、人間の限界を
 すばやく見極めていながら、折角の命なんだから、どんなときも
 楽しんでやれ、という、地獄みたさの好奇心なのかもしれない。

 水木サン 幸福の7か条
 1.成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
 2.しないではいられないことをし続けなさい。
 3.他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。
 4.好きの力を信じる。
 5.才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。
 6.なまけ者になりなさい。
 7.目に見えない世界を信じる。

 水木さんの幸福論には、無我夢中に没頭することの必要性が
 語られているように感じられる。ひたすらにマンガを描く。
 それ以外に出来ることもないし、表現の方法がない。ならば
 黙って続けるだけなのだという・・・。

 水木さんは、自分がたまたま成功したに過ぎず、
 いつ生活できなくなってもおかしくないと考えていた、
 というよりも、生活することにゴールを設定していないようでも
 ある。不器用な生き方であり、死に方なのかもしれない。
 そんなことができるのも、戦場で死を間近に感じたことが、
 長生きよりも、自分の楽しさを表現できる世界に打ち込むことが
 重要だと気付かせたのかもしれない。

 自分の作品に、自分が没頭できるからこそ、他人さまも引き付けられる
 だけの魅力が、鬼太郎達に命を吹き込んだのだろう。

 今の日本は、いい学校に入って、いい会社に入って、家族を持って
 年金もらって・・・という構成が、レールのようになっていて、
 誰もがそこから踏み外さないことに汲々としている、
 そして何人かは転げ落ちているような時代なだけに、
 オリジナリティで戦ってきた生き方というのは、参考になるという
 か、可能性や生き方の幅、社会の豊かさ、多様性といった意味でも
 価値のある人生だと思う。

 新しいビジネス書としての観点からも、メンタルを補強するための
 自己啓発としても、世に残る魅力的な作品を生み出す作家の自伝という
 意味からも一読して損はしない一冊である。


 
                      AP0512



スポンサーサイト
【名人芸】 サービスの達人は、教え方の達人ではない。
サービスの達人たち (新潮文庫)
サービスの達人たち (新潮文庫)野地 秩嘉

新潮社 2008-10-28
売り上げランキング : 136851


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 仕事が出来て、顧客に愛されている。なんて羨ましい。せめて私生活は荒れているとか、性格が悪いとか、異常性癖とかないものか。だが、この本に出てくる人たちは、ホントに私生活にいたっても、まじめである。正しくは、「ホントのところはどうなのか」という話を引き出せていない、であってほしい。

 出来れば、夜な夜な五寸釘を使って呪いを掛けているとか、悪魔と契約しているとか、尋常でない方法で成功しましたとか言ってもらった方が、凡人には有難い、そこまでして成功したくないよ、っていいたいのに。

 女遊びが派手、部下を罵倒する、いやらしいくらいに宝石とか高級時計を身に付けてる、高級車を乗り回す。成功者にしか出来ないことを精一杯実施してほしいものだ。夢を壊さないでほしい。


     AP0462



射ずして、射る。日本の精神性
 「道」 と、つく習い事は、すべて、型から学ぶそうだ。
 
 型の理由など一切教えてもらえない。

 技術を学ぶことが目的ではない。
 高い精神性のいただきに到達するという。

 日本の精神世界に、西洋人が足を踏み入れた物語。


弓道

    読書


 本文はこの下からです。
犯罪にも利用されてます。
フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

 『フェイスブック 若き天才の野望』

 学生時代に、SNSを自作していたそうな、その時点で
 まねできません。

 すごいな~、儲かってるな~。って、感想のみ。

 チュニジア、エジプトに飛び火した民主化の動きという、
 明るい部分、怯える中国共産党。
 
 アメリカでは、フラッシュモブという集団万引きの
 集合連絡にも使われだしたし、暗黒面も明るみに。

 人間に悪の部分がある限り、どんな技術も、
 悪用される可能性はあります。


          AP0430


アタックチャン~ス!
負けるのは美しく (集英社文庫)
負けるのは美しく (集英社文庫)

 『負けるのは美しく』

 アタック25の名司会者、児玉清さんの著作。

 読ませる力があります、語り口に負けず劣らず。
 かなりの肝っ玉です、黒澤明を向こうに回して、
 引きませんしね。

 包容力があって、娘さんを亡くされたくだりは、
 読んでいて辛いのですが、書き残された意思は、
 自らも本から色々な人たちの人生に影響を受けた
 ことへの、本への恩返しといったところでしょうか。

 あえて書かなくてもいい辛い思いも、
 だからこそ、誰かに伝えねばという思いを感じました。

 読書を続ければ、こんな良き人物になりえるのかしら。
 そうであってほしいものです。

 合掌。



            AP0428


Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。