ビジネスと、健康に役立つブログです。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
本から得られる3つの経験

 このブログは、ビジネス、健康、人生に役立つ本を
 紹介しています。どんな本にも3つの秘密があるばす!

 2012年、今年のテーマは、アウトプットを増やす事!
読書も大切ですが、アウトプットがあっての、インプットです!
自分から働きかけて、外に表現の場を見つけていきたいと思います。
いつもここからが、スタートですよ~!

読書
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現代ミリタリー・ロジスティクス入門
現代ミリタリー・ロジスティクス入門―軍事作戦を支える人・モノ・仕事 (-)
現代ミリタリー・ロジスティクス入門―軍事作戦を支える人・モノ・仕事 (-)

 「現代ミリタリー・ロジスティクス入門」

 最近、弾薬が納期通りに届かないんだよね、
 負傷兵への医薬品が足りなくて困ってます、
 という部隊長には、お勧めの一冊。

 作者は、元マイクロソフト勤務、IT+軍事で、
 著書多数という、井上孝司氏。

 湾岸戦争以来、戦争といえば、陸・海・空の3軍
 統合で、爆撃はピンポイント、無人偵察機も飛んで、
 物資輸送もIT駆使して、無駄がない。

 というのが、常識になってしまっているが、
 こんな事ができるのは、世界広しといえども
 米国だけではないだろうか。

 イラク、アフガニスタンと、米国からは程遠く、
 環境もまったく違う。
 アフガニスタンに駐留する米国軍人数は
 10万人前後というのだから、その食事だけでも
 大変なことである。

 どこにいっても、ヤンキーをヤンキーたらしめるのは、
 その大量消費を支える、緻密な「兵站」なのである。

 戦場である以上、戦線は常に変化しているし、
 調達関係は、狙われやすく、うまく運用できないと
 廃棄が多くなって、コストに直撃するから、
 それこそ生命線である。
 下手をすると、政権もぶっ倒れかねない重要事項
 なのだ。

 戦車がどうだ、飛行機がどうだと言わずに 
 「兵站」 が大事、というところが、本書を入門書と
 いうには、ツウだなあと唸らせるところである。

 ”ちなみに筆者が兵站支援の重要性に目覚めたきっかけは、
  映画「戦国自衛隊」で補給物資を積んだトラックが燃や
  されてしまい、その後に燃料などがなくなって難渋する
  場面を見たことである。どんな最先端のハイテク兵器も
  精鋭部隊も、それを支える物資や人材が続かなければ
  活躍できないのだ。”

 敵のもっとも弱いところを狙う、戦術の常套手段ではある
 のだが、見落とし易いのだろう。

「戦争のプロは兵站を語り、戦争の素人は戦略を語る」
 
        イスラエルの軍事学者
        マーチン・ファン・クレフェルト
 
 兵站を決めるのは、やはり、難しいことなのだ。

 「戦国自衛隊」も、そんな地味なところを狙って
 攻撃しておきながら、映画としての質を落とさなかった
 ところが、ワザだなあと思う。

 
             AP0540 冊目

 

 こちらもお勧め。

軍事とロジスティクス
軍事とロジスティクス



現代の航空戦 湾岸戦争
現代の航空戦 湾岸戦争



補給戦―何が勝敗を決定するのか (中公文庫BIBLIO)
補給戦―何が勝敗を決定するのか (中公文庫BIBLIO)



スポンサーサイト
地図で読む戦争の時代
地図で読む戦争の時代
地図で読む戦争の時代

 「地図で読む戦争の時代」

 先日、アイフォーンが新しくなった際、地図が大幅に
 間違えていて、アップルの担当責任者がクビになると
 ニュースは、記憶に新しいところだ。
 (パチンコガンダム駅というのもあった)

 日頃良く使っているいる、この地図というものは、
 使い方を誤ればとんでもないことになるなと
 本書を読んで実感。

 何がそんなに、「とんでもないのか」。

 それは、戦争する、敵が攻め込んでくるという
 事態に陥ると、詳細な地図というものが、
 自分たちの首をしめることになる、ということなのだ。
 単に道を間違う、という、レベルではすまないのだ。

 本書で扱っているのは、全国いろいろな都市や地方の
 地図である。
 
 東京や名古屋、大阪といった大都市であればこそ、
 先の大戦では、色濃く爆撃の被害にあい、
 戦前戦後、そして現在に至るまでの過程で、
 何度も書き換えられたことが、地図という情報から
 垣間見える。

 地図に戦争の痕跡が残る、つまり、戦争とは、
 かなり日常の側にある、ということなのだ。

 爆撃をするということは、軍事施設を叩くということも
 あるが、生活の基盤を奪う、ライフラインを寸断していく
 ということである。
 つまり、我々が今、日常を感じている空間が
 戦場になるということなのだ。

 今の時代、誰も気にもしない事だが、インターネットで、
 自分の住んでいる町の航空写真が、いとも簡単に見れるという
 ことは、酷く恐ろしいことなのかも知れない。

 著者は、
 日本地図センター客員研究員、
 地図情報センター評議員、
 日本国際地図学会評議員。

 趣味が高じて、地図の世界にどっぷり浸っている経歴、
 こんな人の本は、卸録ないはずがないのだ。


         AP0539 冊目



 
「共感」で人を動かす話し方
ロジックだけでは思いは伝わらない! 「共感」で人を動かす話し方
ロジックだけでは思いは伝わらない! 「共感」で人を動かす話し方

「「共感」で人を動かす話し方」

 著者は、アナウンサーコンテスト全国1位 受賞者で、
 現在はフリーアナウンサー。

 人に動いてもらうためには、共感してもらう必要がある、
 論理では共感は得られない、という一冊である。

 そのためには、次の3つが必要。
 ・ストーリー
 ・プレゼンス
 ・会話反射神経 

 アナウンサーだけあって、アドリブで、今の状況を
 簡潔に説明する能力、会話反射神経の項目は参考になった。

 ”会話も演奏もスポーツも、「準備」と「練習」の積み重ねが
  いざというときの力となります。つまり、アドリブとは、無や
  ゼロから生まれるものではない、ということを、まずは認識
  する必要があります。”

 そうすることで、今、伝えたい事が、ストーリーにできるように
 なり、共感されることで、感情面でのわだかまりがなくなって
 人は動く。

 ただし、その背後では、ロジックをしっかり持っておかないと、
 成果はでないという、リーダーシップ論の一冊に仕上がって
 いる。

 
 ストーリーで何かを伝えるのってとっても難しいと
 思うことが多い、映画なんか見ても、人それぞれ感想が違う。
 インディージョーンズを見て、冒険活劇最高と思っていても、
 女の人に言わせれば、ヘビが気持ち悪くて見るに耐えない、
 という意見だったりもする。
 情報量が多い分、うまく誘導しないと、失敗しやすいのかなと
 思う。
 相手の表情をよく見て、その後の行動を確認して、
 伝わったかどうかのフィードバックをしっかり回収する
 必要があるのかなという感想だ。
 

   AP0538 冊目

 
 ストーリーが大切については、下記も参考になった。


仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

仮説思考


全脳思考
全脳思考

全脳思考


・・・僕の選択と結論
グローバル資本主義を卒業した僕の選択と結論
グローバル資本主義を卒業した僕の選択と結論

「グローバル資本主義を卒業した僕の選択と結論」

 著者は、東京大学医学部卒業から、金融エンジニアを経て
 独立。現在は、お受験をメインとした会社の社長さんである。
 金融業界で働いていた時に、本人曰く、一生分を稼いだとのこと。

 東大医学部から医者にならずに、金融業界に飛び込むあたり、
 両親とかびっくりしただろうな。この時点で人生に成功している
 といっても過言ではないのに、更に上をめざして、ギャンブルに
 でるところが、尋常ではない。

 彼を支える自信の源は、受験で培ったお勉強である。

 受験勉強は、実社会では役に立たない
 という通説を見事に打ち破った彼の経歴は、意外にも珍しい
 のではないだろうか。

 勉強にとって一番大切なこと、それはスピードと習得の深さだと
 断言する。
 新しい仕事をマスターするという視点は、これだけ社会が変化する
 今だからこそ、誰もが知っておく必要がある。
 ・何をマスターすべきか。
 ・基本を完璧にマスターする。
 ・腑に落ちるまでとことん勉強する。
 受験だけではなく、社会に出ても役立ったというこの本が例証である。

 他のアマゾンカスタムレビューによると、金融業界勤務が
 醍醐味とあるが、私は、お受験での話の方が等身大に近い気がして
 ためになった。
 金融時代の話も面白いが、黒に近い灰色な印象を受けて、
 お金さえ手に入れればいいのか、という反感を持ってしまう。
 一般的なことでいうと、風俗で働いて、留学資金を貯めた
 女子短大生ようなものを思い浮かべてしまう。

 学校で取り入れている「ヒースロー方式」という、お客様に対して
 「スタッフがミスをしても、やさしく接することを約束してもらう」
 ことを、入学時に約束してもらうというのは、昨今のパワハラ、
 いじめ解決の糸口にもなると思う、新しい考え方だと思う。

 サービス産業が中心になると、完璧な仕事というのは、
 なかなかもって難しいものだが、客の一方的な態度から
 距離を取れるのは、妙案だと思う。
 
 著者は最近、人間のダークサイドに興味があると書くが
 具体的なことは何も書かれていない、何を伝えたいのか疑問が
 残るところ。
 なんでも現場主義なので、手を黒く染めないように
 注意してもらいたいものである。
 

       AP0537 冊目





インテリジェンス人間論
インテリジェンス人間論 (新潮文庫)
インテリジェンス人間論 (新潮文庫)

「インテリジェンス人間論」

 著者は、佐藤 優氏。
 2002年に背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、
 執行猶予付きで有罪判決を受けた、元外務官僚。

 ロシア勤務での経験を元に、鈴木宗男氏、
 橋本龍太郎氏、小渕恵三氏、そして、大統領に
 返り咲いたプーチン氏の分析を、話せる範囲で、
 面白おかしく書いた一冊。一般向けということで、
 エンターテイメントが成立する範囲とはいえ、
 著者の鋭い分析が垣間見えて大変参考になった。

 ”酩酊した国会議員や外務省幹部から暴言を吐かれたことは
  何度もある。しかし、それでその人物の本性がわかるので、
  むしろそういう機会を私は歓迎していた。”(18ページ)

 ”もっともインテリジェンス(諜報)の世界でお人好しが
  生き残っていくことができないので、(中略)プーチン氏
  のように陰険さが後光を発している例は珍しい。”
  (105ページ)

 ”領土について曖昧な国家は必ず崩れると確信しているからだ”
  (116ページ)

 ”「マフィアの技法」とは、一見、喧嘩好きのように見えても、
  いちばん強い者とは絶対に諍いを起こさないという処世術である。”
  (141ページ)

 ”筆者は、一般論を述べただけで、福田氏がアメーバであるなどと
  いうことは言っていないので、読者におかれてはくれぐれも誤解な
  きように願いたい。” (150ページ)

 ・・・と、ちょっと書き出しただけでも、こんな感じである。
 動じない精神力と、睡眠時間3時間半という驚異的な体力、
 お酒も強いし、分析の正確さといい、記憶力といい、生命体と
 してスゴイ! とため息が出る。

 説明しずらいのだが、人間としての器とは、また違った評価になると
 思う。情の鈴木宗男氏という存在に対しては、器が大きいとか、
 広い、あるいはその反対の言葉があってもよいのだが。

 色々な考えを披露していただいているにも関わらず、佐藤氏本人は
 どんな人なのかということは、やはり、見えてこない。
 そういう意味では、当事者である事は、彼らしくない、という
 ことかもしれない。究極の部外者、観察者なのだ。
 当事者になってしまったことが運の付きだったのかなあと。
 
 読んでいると気付くのだが、一般的にいい人、もしくは悪い人と
 思われている人物に対して、反対の意見や考えもありますよと
 提示しているところが多い。小渕氏にしても人柄の小渕ではなく、
 ドスの利いた人物、短気な人物として描かれている。
 いい加減なことを言う人ではないので、少なくとも正しい一面
 なんだと思う。
 
 インテリジェンスとは、部分的にしか露呈しない情報を
 直接会ってみたり、テキストを読み解く事で、全体像にせまっていく
 作業であり、正義か悪かという立居地で評価が変わる事を記述せず、
 「内在的論理」を読み解く作業なんだと、改めて実感した。
 先に読んだ「功利主義者の読書」から見ると、本書は実践編
 と言えるかもしれない。
 
 残念なことに、著者は、インテリジェンスの世界が好きではない
 という。

 醜悪な内部抗争に嫌気がして、そこから距離を置きながらも
 自らの力をもてあますというか、国家のために十分活用でき
 ないことに、ある種の諦観のようなものを感じているのかなと
 思う。

 もったいないなあ、国家の損失だなあ。
 しかし、そんなことがあってのこの一冊、失礼ながら、
 大変有難い一冊なのだ。


          AP0536  冊目



Copyright © 2017 Book experience, 3 reasons.. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。